レストラントップ ランチ予約 東京 飯田橋・神楽坂・四ツ谷 飯田橋 ランチのレストラン一覧
時間
指定なし
東京都(1)
エリアを選択 駅から検索

  • 北海道
  • 青森県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 三重県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

駅またはエリア名をご入力ください。

(例)銀座駅
1km以内
閉じる
全料理ジャンル
リセット 閉じる
さらに条件を追加
予算
コース一人あたり
下限なし
  • 下限なし
  • 2,000円
  • 2,500円
  • 3,000円
  • 3,500円
  • 4,000円
  • 4,500円
  • 5,000円
  • 5,500円
  • 6,000円
  • 8,000円
  • 10,000円
  • 12,000円
  • 15,000円
  • 20,000円
上限なし
  • 2,000円
  • 2,500円
  • 3,000円
  • 3,500円
  • 4,000円
  • 4,500円
  • 5,000円
  • 5,500円
  • 6,000円
  • 8,000円
  • 10,000円
  • 12,000円
  • 15,000円
  • 20,000円
  • 上限なし
 
キーワード
(例)ランチ イタリアン 店名 など
※スペース区切りで最大10個まで
プランのこだわり
席のこだわり
禁煙・喫煙
 
お子様の利用
お店のこだわり
設備・サービス

飯田橋 おすすめ ランチ

- 全21件(1 - 21 件)

飯田橋周辺で人気のグルメ・レストラン情報を掲載。

クッチーナ イタリアーナ ロッチャドォーロ 神楽坂 クッチーナ イタリアーナ ロッチャドォーロ 神楽坂 (イタリア料理) 島根出身の金川シェフによる島根イタリアンのお店です。漁師である父の直送鮮魚、など島根直送の食材を活かしたお料理を。
3,000円〜3,999円
6,000円〜7,999円
神楽坂焼肉 Kintan (焼肉) 仕入れるお肉はA4、A5ランク、刺しと肉質がキメ細かい雌牛と去勢牛のみ。スペシャリティ“熟成KINTAN”と雌牛のA5ランクの”赤身肉”をご堪能下さい。
2017年05月掲載開始
3,000円〜3,999円
8,000円〜9,999円
一心 金子 (天ぷら・天丼) 一心 金子では、職人が揚げた天ぷらを一品一品、お手元にお出し致します。是非カウンター席で贅沢な天ぷらをご賞味下さい。
3,000円〜3,999円
5,000円〜5,999円
坂の上レストラン (イタリア料理) 江戸の花街、神楽坂。その裏路地に明かりを灯す、風情ある古民家。独創的モダンイタリアンと厳選ワインの“アッビナメント”をお愉しみくださいませ。
4,000円〜4,999円
8,000円〜9,999円
MIYAHARA (フランス料理) レストランMIYAHARAは、飯田橋駅近く大久保通りから1本裏道の静かな通りにあります。夫婦でやっており、一品一品心をこめて料理しています。
3,000円〜3,999円
6,000円〜7,999円
PIZZERIA TRATTORIA NITTANA (イタリアン・ピザ) 開放感のあるテラス席で素敵なシーンを。本格石窯で焼き上げる本格ピッツァと厳選した食材を使ったお料理、豊富なイタリアワインをお楽しみください。
2,000円〜2,999円
4,000円〜4,999円
神楽坂 天孝 (天ぷら専門店) 先代から受け継ぐ秘伝の揚げ油を用い、旬を見極めた四季折々の山海の幸を味わう極上の天ぷらをご堪能ください。
20,000円〜
神楽坂 桃仙郷 (日本料理) 神楽坂の毘沙門の奥にたたずむ隠れ家的な神楽坂 桃仙郷。おいしい料理、おいしいお酒、温かいサービス、三位一体のお店です。
6,000円〜7,999円
四季遊膳えど KAGURAZAKA (日本料理) 宮大工が手掛けた料亭風の作り、料理人と対話が愉しめるカウンター席・接待や顔合わせ等に最適なゆったりとした個室をご用意しております。
4,000円〜4,999円
8,000円〜9,999円
め乃惣 (割烹・小料理) 江戸情緒が色濃く残る神楽坂の横丁に似合うしっとりとした佇まいを感じさせる店です。
2017年05月掲載開始
1

上へ