結納・お顔合わせ レストラン
一休.comレストラン
お顔合わせのギモン
レストランラインナップ
結納って?
結納・お顔合わせ おすすめのお店
トップ > キャンペーン・特集 >

結納・お顔合わせレストラン


1. 結納はやった方がイイの?

意見は様々ありますが、必ずしも「結納をやった方が良い!」ということはありません。 ですが、結納は両家が二人の婚約を確認する大切な機会ですから、疎かにはしたくないものです。

「堅苦しいことは抜きにして、両家でお食事会」というのもいいでしょう。 少しでも、けじめをつけたいと考えている場合は、男性側が結納品や結納金を用意したり、指輪や婚約記念のプレゼントをお互いに交換したりと、 少しセレモニー的な要素を取り入れることもあるようです。

ただ、地域や家ごとのしきたりによっては、結納品は男性から女性に贈るものとされている場合が多いので、結納をなしにしようと男性から提案するのはタブーです。 当人同士は気にしなくても、ご両親の中には、気持ちよく思わない方もいらっしゃるということを覚えておきたいですね。


結納 イメージ

2. そもそも結納って何?どんなことをするの?

結納は、二つの家族が「結ばれる」ことを祝い、その証に金品を「納め」合う儀式です。
結婚式や披露宴と同様に、地域や個人によって形式は様々です。 仲人が両家を往復し結納品をやり取りするものや、料亭やホテルなどに両家が集まる略式結納があり、特に正解はありません。

ちょっと細かいお話ですが参考までにご紹介いたします。
結納は、大きくは関東と関西で形式が分かれており、関東では結納はお互いに「取り交わす」ものとされ、関西では新郎側から新婦側へ「納める」ものとされています。


贈られる結納品は一つひとつ水引で飾られ、それぞれに幸せを願う大切な意味が込められています。 その数は3品〜9品程度の奇数品目、金額的には数万円〜数十万円と様々です。 結納品の中には、「御帯料」「小袖料」「帯地料」等と呼ばれる結納金があります。 結納金は、情報誌などでは新郎の給与の2〜3ヶ月分とされていますが、明確なルールは存在しません。 新婦側からは、関東では結納金の約5割、関西では約1割に当たる金品を結納返し(御袴料)として贈ることが一般的とされています。


お食事会の費用・場所・服装は?

3. お食事会 支払いは?場所は?服装は?

<費用>
費用は一人1万円程度のコースや会席が平均的です。また、お顔合わせのお食事会の場合、費用は両家それぞれが持つことも多いようです。 費用はどちらが持つかは、シチュエーションによって異なりますので、お互いが納得のいくように話し合うのが良いでしょう。

<場所>
場所や予算を誰が決めるかという決まりはありませんが、お食事会の会場はお互いのご両親の居心地が悪くないところを選ぶのが良いでしょう。 そして比較的集まりやすく、わかりやすいレストランがおすすめです。下見を兼ねて式の会場でお食事会もいいのではないでしょうか。 ある程度、結納の形式を踏むのであれば、ホテルや料亭が良いでしょう。両家が顔を合わせ、食事をするだけであれば、レストランの個室などがお勧めです。

<服装>
服装は、男性はスーツが基本。女性は結納や料亭などで行う少し形式的なお顔合わせであれば振袖、レストランであればワンピースがお勧めです。 ただ、ご両家の服装に違いがありすぎるとお互いに気まずいので、あらかじめ話し合っておくのが良いでしょう。


おすすめレストランを見る