岡城跡

瀧廉太郎のゆかりの地に赤いモミジが舞い落ちる

国指定史跡であり、別名「臥牛城」。標高325m、谷底との高低差は約100m、島津軍を退けた堅城として有名だ。文治元(1185)年に築城され、明治維新後に廃城となる。瀧廉太郎の『荒城の月』のモチーフとなった場所でもあり、随所で真っ赤なモミジやカエデが観賞できる。

紅葉情報

見頃 2020年11月上旬~2020年11月下旬
イベント 11月20日~22日 竹楽(竹で作った約2万本の竹灯篭が城下町を美しく彩る)(予定)
紅葉の色 主に赤色
樹種 カエデ(モミジ)中心
ライトアップ 夜間観賞不可

観賞

車窓から(ドライブ) -
歩いて(散歩・散策)
電車の車窓から(鉄道) -
ロープウェイ・ケーブルカーから -
遊覧船・川下りで -
サイクリングをしながら -

場所

-
高原 -
展望台 -
温泉地 -
-
河川・渓谷 -
-
湿原 -
公園・庭園 -
社寺・史跡
平地 -
並木道 -

スポット情報

住所 大分県竹田市竹田
アクセス JR豊肥本線豊後竹田駅からタクシーで5分 九州自動車道熊本ICから国道57号・豊後街道を経由し、国道57号を竹田方面へ車で75km
駐車場 無料駐車場あり、収容台数120台
営業時間 9:00~17:00