文殊仙寺

国東半島随一の紅葉の名所

カエデやイチョウなど色とりどりの木々に囲まれる文殊仙寺は、開山から1300年以上の歴史を誇る国東半島六郷満山文化の代表寺院。合格祈願や学業成就の参拝者が多数訪れる。境内や駐車場からの景色は、文殊耶馬と呼ばれる紅葉の名所で、秋には鮮やかな紅葉を楽しめる。

紅葉情報

見頃 2020年11月中旬~2020年12月上旬
紅葉の色 混在
樹種 混在
ライトアップ 夜間観賞不可

観賞

車窓から(ドライブ) -
歩いて(散歩・散策)
電車の車窓から(鉄道) -
ロープウェイ・ケーブルカーから -
遊覧船・川下りで -
サイクリングをしながら -

場所

-
高原 -
展望台 -
温泉地 -
-
河川・渓谷 -
-
湿原 -
公園・庭園 -
社寺・史跡
平地 -
並木道 -

スポット情報

住所 大分県国東市国東町大恩寺2432
アクセス JR日豊本線杵築駅から大分交通バス国東行きで1時間、終点下車、タクシーで30分 東九州自動車道速見ICから日出バイパス・大分空港道路・国道213号を経由し、県道652号を文殊山方面へ車で58km(60分)
駐車場 無料駐車場あり、収容台数50台
営業時間 情報なし