箱根湯本

箱根の表玄関で歴史情緒を感じながら川沿いを散策

箱根湯本の開湯は奈良時代の天平10(738)年に遡り、歴史上の逸話には事欠かない。早川の旭橋のたもとには、北条早雲が足の疲れを癒やしたという湯浴み場が残っている。この早川や須雲川に沿って歩いていくと、紅葉に彩られた渓谷の風景が現れてくる。ウォーキングコースとしても最適だ。

紅葉情報

見頃 2020年12月上旬
紅葉の色 混在
樹種 混在
ライトアップ 夜間観賞不可

観賞

車窓から(ドライブ)
歩いて(散歩・散策)
電車の車窓から(鉄道)
ロープウェイ・ケーブルカーから -
遊覧船・川下りで -
サイクリングをしながら -

場所

高原 -
展望台 -
温泉地
河川・渓谷
-
湿原 -
公園・庭園 -
社寺・史跡 -
平地 -
並木道 -

スポット情報

住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本
アクセス 箱根登山鉄道箱根湯本駅からすぐ 西湘バイパス箱根口ICから国道1号を芦ノ湖方面へ車で3km
駐車場 有料駐車場あり、収容台数78台
営業時間 情報なし

ピックアップホテル箱根湯本周辺

神奈川のホテルをもっと見る

おすすめホテル箱根湯本周辺

神奈川のホテルをもっと見る