長谷寺

五重塔と紅葉の見事な競演

西国三十三所第8番札所。朱鳥元(686)年、道明上人が天武天皇の病気治癒を祈願して建立した。徳川家光の寄進による本堂をはじめ、国宝や重要文化財が多い。本堂の外舞台から眺める五重塔と紅葉の競演が見事だ。また境内が広いので、日当たりの違いにより、長い期間紅葉が楽しめるのもうれしい。

紅葉情報

見頃 2020年11月中旬~2020年12月上旬
イベント 10月10日~12月6日 9:30~16:00 本尊大観音尊像秋季特別拝観(拝観料1000円)・秋季特別寺宝展(無料)
紅葉の色 混在
樹種 混在
ライトアップ 夜間観賞不可

観賞

車窓から(ドライブ) -
歩いて(散歩・散策)
電車の車窓から(鉄道) -
ロープウェイ・ケーブルカーから -
遊覧船・川下りで -
サイクリングをしながら -

場所

高原 -
展望台 -
温泉地 -
-
河川・渓谷 -
-
湿原 -
公園・庭園 -
社寺・史跡
平地 -
並木道 -

スポット情報

住所 奈良県桜井市初瀬731-1
アクセス 近鉄大阪線長谷寺駅から徒歩20分 西名阪自動車道天理ICから県道38号をまほろば湖方面へ車で18km
駐車場 有料駐車場あり(500円、バスは2000円)
営業時間 9:00~17:00(10月・11月)、9:00~16:30(12月~2月)