ここは押さえておきたい!玖珠のおすすめ紅葉スポット4選

玖珠に来たら、ここは行っておきたいおすすめ紅葉スポットをピックアップ!裏耶馬の代表的な景勝地を彩る紅葉「立羽田の景」,渓谷林の見事な紅葉が見られる「九酔渓」,8つの奇岩を一望できる「一目八景」の紅葉は見もの「深耶馬溪」,山頂へと続く参道を紅葉が美しく彩る「英彦山神宮」玖珠の紅葉にピッタリなスポットやおすすめグルメもご紹介!

裏耶馬の代表的な景勝地を彩る紅葉

1

立羽田の景

県道43号沿いに1kmにわたって奇岩が連続する、裏耶馬の代表的な景勝地。折り重なり、天を突き刺すように屹立する岩峰や岩壁を彩るツタやカズラなどが見事で、秋は鮮やかに色づきすばらしい景観をつくり出す。

立羽田の景の紅葉情報をもっと見る

立羽田の景の紅葉情報

見頃 2020年10月下旬~2020年11月中旬
紅葉の色 混在
樹種 混在
ライトアップ 夜間観賞不可

立羽田の景のスポット情報

住所 大分県玖珠郡玖珠町古後
アクセス 大分自動車道玖珠ICから国道387号を経由し、県道43号を山国方面へ車で11km
営業時間 情報なし

渓谷林の見事な紅葉が見られる

2

九酔渓

2kmにわたって続くダイナミックな断崖に、九州でも類のないトチノキ、イタヤカエデ、ケヤキなどの渓谷林が広がる。玖珠川の清流が長い年月をかけてつくりあげた渓谷美だ。四季折々の表情が豊かで、秋の紅葉はとりわけ美しい。高さ173mで日本一の人道大吊橋「九重“夢”大吊橋」からの眺めも絶景だ。

九酔渓の紅葉情報をもっと見る

九酔渓の紅葉情報

見頃 2020年10月下旬~2020年11月中旬
紅葉の色 混在
樹種 混在
ライトアップ 夜間観賞不可

九酔渓のスポット情報

住所 大分県玖珠郡九重町田野
アクセス 大分自動車道九重ICから四季彩ロードを九重“夢”大吊橋方面へ車で17km
営業時間 情報なし

玖珠周辺のスポット

8つの奇岩を一望できる「一目八景」の紅葉は見もの

深耶馬溪

山国川の支流、山移川に沿った景勝地。奇岩秀峰が林立し、変化に富む景観を織りなしている。耶馬溪一番の景勝地である「一目八景」は、8つの奇岩が一望できることからこの名が付いた。展望台があり、カエデ、モミジ、イチョウなどが紅葉する美しい光景を見渡せる。周辺では、手打ちそばや川魚料理、山菜料理が楽しめる。

深耶馬溪の紅葉情報をもっと見る

深耶馬溪の紅葉情報

見頃 2020年10月下旬~2020年11月中旬
紅葉の色 混在
樹種 混在
ライトアップ 夜間観賞可

深耶馬溪のスポット情報

住所 大分県中津市耶馬溪町深耶馬、山移ほか
アクセス JR久大本線豊後森駅から大分交通バス柿坂行きまたは中津駅行きで40分、耶馬渓温泉センター下車、徒歩3分(土日祝は運休)
大分自動車道玖珠ICから国道387号を経由し、県道28号を深耶馬溪方面へ車で12km
営業時間 ライトアップ(10月24日~11月23日)17:00~21:00(予定)

山頂へと続く参道を紅葉が美しく彩る

英彦山神宮

英彦山はかつて修験の山として栄えた霊山。英彦山神宮の銅の鳥居をくぐり、石段を登ると奉弊殿、下宮がある。山頂の上宮まで続く3kmほどの参道があり、春は新緑、秋は紅葉が美しい。11月上旬に上宮周辺のモミジが色づき始め、麓へゆっくりと紅葉が移り進んでいく。奉弊殿へはスロープカーで上れるのもうれしい。

英彦山神宮の紅葉情報をもっと見る

英彦山神宮の紅葉情報

見頃 2020年11月上旬~2020年11月中旬
紅葉の色 主に赤色
樹種 カエデ(モミジ)中心
ライトアップ 夜間観賞不可

英彦山神宮のスポット情報

住所 福岡県田川郡添田町英彦山
アクセス JR日田彦山線添田駅から添田町バス英彦山方面行きで40分、銅の鳥居下車すぐ(英彦山神宮)
九州自動車道小倉南ICから国道322号を経由し、県道52号を英彦山方面へ車で46km、または大分自動車道杷木ICから国道211号を経由し、国道500号を英彦山方面へ車で43km
営業時間 情報なし