ここは押さえておきたい!鳥取市のおすすめ紅葉スポット4選

鳥取市に来たら、ここは行っておきたいおすすめ紅葉スポットをピックアップ!赤や黄色の紅葉と天然スギの緑の競演「芦津渓谷」,世界遺産登録を目指す、国宝「投入堂」を彩る紅葉「三徳山三佛寺」,紅葉が美しい国指定の名勝「小鹿渓」,湖面に三国山の紅葉、足元に黄色いカラマツのじゅうたん「恩原高原」鳥取市の紅葉にピッタリなスポットやおすすめグルメもご紹介!

赤や黄色の紅葉と天然スギの緑の競演

1

芦津渓谷

芦津発電所から三滝ダムまで続く渓谷。崖や巨岩や急流、淵があり見事な渓谷美を見せる。ハイライトは高さ約20mの三滝で、水量の加減で3本になる。秋になるとカエデ、ブナ、トチなどが紅葉し、天然スギの緑とともに美しく渓谷を彩る。ダム湖のまわりには遊歩道や休憩所もあり、散策を楽しめる。

芦津渓谷の紅葉情報をもっと見る

芦津渓谷の紅葉情報

見頃 2020年10月下旬~2020年11月上旬
イベント 11月上旬 芦津ふれあいトレッキング大会(約8kmのトレッキングコースを散策。大会当日は天然なめこ汁などのおもてなしもある)
紅葉の色 混在
樹種 カエデ(モミジ)中心
ライトアップ 夜間観賞不可

芦津渓谷のスポット情報

住所 鳥取県八頭郡智頭町芦津
アクセス 鳥取自動車道智頭ICから国道373号を経由し、県道6号を芦津方面へ車で18km
営業時間 情報なし

世界遺産登録を目指す、国宝「投入堂」を彩る紅葉

2

三徳山三佛寺

平安時代から山岳仏教の霊場として信仰され続け、天台宗の古刹・三佛寺を擁する三徳山。山中には本堂や重要文化財の文殊堂・地蔵堂などが点在する。特に断崖にある国宝「投入堂」は必見だ。秋には、深々と生い茂る南方植物と北方植物の混合林が紅葉してすばらしい。

三徳山三佛寺の紅葉情報をもっと見る

三徳山三佛寺の紅葉情報

見頃 2020年10月中旬~2020年11月下旬
イベント 10月25日 秋会式 炎の祭典
紅葉の色 混在
樹種 混在
ライトアップ 夜間観賞不可

三徳山三佛寺のスポット情報

住所 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
アクセス JR山陰本線倉吉駅から日ノ丸バス三徳山行きで38分、三徳下車、徒歩5分
米子自動車道湯原ICから国道313号・482号・179号を経由し、県道21号を三朝方面へ車で45km
営業時間 8:00~17:00(投入堂参拝登山受付は~15:00)

紅葉が美しい国指定の名勝

3

小鹿渓

三徳川の支流、小鹿川の上流に位置する延長約4kmの渓谷。国指定の名勝で、滝や深淵、巨岩が織りなす自然美と赤や黄色に染まった木々とのコントラストが見事。小鹿渓駐車場から遊歩道があり、渓流のせせらぎを楽しみながら散策できる。

小鹿渓の紅葉情報をもっと見る

小鹿渓の紅葉情報

見頃 2020年11月上旬~2020年11月中旬
イベント 日程未定 もみじまつり
紅葉の色 混在
樹種 混在
ライトアップ 夜間観賞不可

小鹿渓のスポット情報

住所 鳥取県東伯郡三朝町中津~神倉
アクセス JR山陰本線倉吉駅から日ノ丸バス三朝車庫方面行きで20分、三朝温泉で神倉行きに乗り換えて15分、終点下車、徒歩30分
米子自動車道湯原ICから国道313号・482号・179号・県道21号を経由し、県道33号を中津ダム方面へ車で45km
営業時間 情報なし

鳥取市周辺のスポット

湖面に三国山の紅葉、足元に黄色いカラマツのじゅうたん

恩原高原

鳥取県との県境にひろがる標高約700mの高原。周囲4.5kmの恩原湖をとりまいてシラカバ林やカラマツ林が茂り、四季を通じて表情がさまざまに変わる。秋は紅葉する三国山が湖面に映り、カラマツの落ち葉が足元に敷きつめられ、金色に輝く。

恩原高原の紅葉情報をもっと見る

恩原高原の紅葉情報

見頃 2020年10月下旬~2020年11月上旬
紅葉の色 混在
樹種 その他特定樹種が優越
ライトアップ 夜間観賞不可

恩原高原のスポット情報

住所 岡山県苫田郡鏡野町上齋原
アクセス JR津山線津山駅からタクシーで1時間
中国自動車道院庄ICから国道179号を経由し、国道482号を恩原方面へ車で40km
営業時間 情報なし