こだわりの蒸し釜土で炊き上げたシャリで味わう愉しいお鮨【鮨 りんだ】(目黒)

 

目黒駅・不動前駅より徒歩約10分という場所にありながらも、連日ゲストで溢れる人気店『鮨 りんだ』。目黒エリアで旨い鮨と言えばここだと、食通がこぞって通う名店をご紹介します。

 

 

人気の秘密は、美味しい鮨はもちろんのこと、大将の河野勇太氏の人柄にもあります。17席のライブ感たっぷりのカウンターで楽しむ河野氏の鮨は、ひとつひとつの握りに細かい仕事が施され、食べる度に感嘆の声が漏れるほど。そして、合間に提供されるおつまみや前菜もしっかり美味しいから、もう最高のエンターテイメントと言っても過言ではありません。

 

 

海に面した愛媛・宇和島市出身の河野氏は、東京・ニューヨークで修業を重ね、職人としての技術を磨いていく中で、様々な発見や多くのお客様との出逢いがあったのだとか。そんな出逢いに導かれるように、2014年にオープンを果たしたのが「鮨 りんだ」です。

 

 

店内のL字カウンターには17席を用意。目の前で職人が握る様子を眺めながら会話を楽しめるのが、カウンターの醍醐味でしょう。

 

オープンの18時と共に扉が開けられ、あっという間にカウンター席はゲストでいっぱいに。りんだ劇場のスタートです!

 

 

まず最初に、職人さんに自分の好きなネタを伝えましょう。ここでは、好きなネタや食材から一人一人の好みを考えた上で、提供する料理や合わせるお酒を提案してくれます。カウンター鮨はちょっと緊張する…という人も、気楽にリラックスして職人に身をゆだねるように楽しんでください。

 

 

こだわりのひとつが、「蒸しかまどで炊き上げたシャリ」。
炭火・蒸しかまどを使い、高温短時間で一気に炊き上げることで、ふっくらとした仕上がりになるのだとか。そこにはしっかりした味の赤酢を合わせるのがりんだのこだわり。

 

 

そのお米に合わせる旬食材は、素材の味を活かすために限りなくシンプルに、手間を加えてこそ美味しくなるものには丁寧に仕事を施し仕上げます。ぜひ、一番美味しい瞬間に、最高の組み合わせの鮨を堪能してください。

 

 

おまかせコースも終盤になると、「何か食べたいものありますか?」と職人さんが聞いてくれるので、お腹に余裕があったらぜひオーダーしてみていただきたいのが名物の「りんだ巻き」。何種類ものマグロがぎゅっと詰まって今にもあふれ出しそうなくらいのボリューム…!

 

 

そして、ほわほわに焼き上げられた穴子も忘れずに。塩とタレの2種類を楽しむのが通の食べ方。

 

 

握りの合間に出てくるお刺身や一品料理も美味しいのが、同店の魅力のひとつ。お酒を楽しみながら、小鉢をちびちび楽しめるのも嬉しいですね。

 

 

決まり切ったコースではなく、ゲスト一人一人の好みに合わせて、考えつくされた鮨を堪能できる「鮨 りんだ」。常連がこぞって通うのも納得の名店です。大切な人と過ごす時間をさらに極上のものにしてくれること間違いありません。

 

■基本情報
店  名:鮨 りんだ(東京・目黒)
ジャンル:寿司
住  所:東京都目黒区下目黒2-24-12 イメージスタジオ109 1F
アクセス:JR山手線 目黒駅 … 徒歩10分
     東急目黒線 不動前駅 … 徒歩7分
詳細・予約はこちら

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!

一休レストランコンシェルジュが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

一休コンシェルジュ RESTAURANTとは 運営会社 一休.comレストラン