一休レストラン 京都のレストラン 京都 玉ねぎ 岡崎・神宮丸太町 玉ねぎ 南禅寺 玉ねぎ
京都府(全域)
全国
  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 新潟県
  • 山梨県
  • 長野県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 三重県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県
リセット 閉じる
時間
全料理ジャンル
リセット 閉じる
こだわり条件
予算
コース一人あたり
下限なし
  • 下限なし
  • 2,000円
  • 2,500円
  • 3,000円
  • 3,500円
  • 4,000円
  • 4,500円
  • 5,000円
  • 5,500円
  • 6,000円
  • 8,000円
  • 10,000円
  • 12,000円
  • 15,000円
  • 20,000円
上限なし
  • 2,000円
  • 2,500円
  • 3,000円
  • 3,500円
  • 4,000円
  • 4,500円
  • 5,000円
  • 5,500円
  • 6,000円
  • 8,000円
  • 10,000円
  • 12,000円
  • 15,000円
  • 20,000円
  • 上限なし
 
キーワード
(例)ランチ イタリアン 店名 など
※スペース区切りで最大10個まで
プランのこだわり
席のこだわり
禁煙・喫煙
 
お子様の利用
お店のこだわり
カジュアルなお店
設備・サービス

南禅寺で玉ねぎが食べられる グルメ・レストラン

- 全2件(1 - 2 件)

南禅寺で玉ねぎが食べられる グルメ・レストラン 情報を掲載。

食材から探す

  • 牛肉
  • ハム
  • 里芋
3,000円〜3,999円
6,000円〜7,999円

玉ねぎが食べられるおすすめプラン ●乾杯のスパークリング付 (ソフトドリンクに変更可) 
始まりの一皿
魚のカルパッチョ その季節のスタイルで
京鴨肉の低温ロースト 赤玉ねぎとパプリカのコンフィ添え
ビーフコンソメ、プティレギューム シェリー酒の香り
オマール海老と帆立貝のポワレ エストラゴン風味のアメリケーヌソース
和牛サーロインと彩野菜のグリル 赤ワインとフォアイヨ、2種類のソースで
デザート
ミニャルディーズ
【シャトルバスのご案内】
ホテル → 三条京阪 → 祇園四条 → 京都駅八条口
※三条京阪、祇園四条は降車のみとなります。ご乗車はご遠慮ください。
京都駅八条口 → ホテル
※京都駅八条口発のバスは途中の降車がなくなり、ホテルへ直行となりました。
詳細はホテルHP
https://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/access/index.html/
【駐車場のご案内】
レストラン 3000円以上ご利用で2時間無料
詳細はホテルHP
https://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/access/03car.html

お席は窓側もお選びいただけ、乾杯のスパークリングが付いた大変お得なプランです。 古都の景色を眺めながら、地元京野菜を取り入れたフランス料理。シェフ谷口の想像力あふれる、ここでしか味わえないフレンチをご提供します。大きな窓から一望できる東山の山並みや、古都の景色と共にお楽しみ下さい。 元値内訳:コース(16,000円)+乾杯スパークリング(1,000円)=17,000円

10,000円〜11,999円
20,000円〜

玉ねぎが食べられるおすすめプラン 【水無月 桐懐石 御献立 】※7月になると内容が変わります。
先付 水無月豆腐 黒あわび じゅん菜 山葵 白瓜うるか和え
椀  丸仕立て おこぜ 焼茄子 白葱 
   
向  取り分け 甘手かれい 伊勢海老 とり貝 由良うに
       
焼物 鮎塩焼き 蓼酢 
進肴 はもすき 
    賀茂茄子 新玉葱 くれそん 
強肴 但馬牛 グリーンアスパラガス 山葵
  
御飯 こしひかり 
    鰻かば焼 山葵 塩 あられ
香物 水茄子 
果物 宮崎マンゴー 梅酒ゼリー 
甘味 水羊羹 

享保元年 三条河原で腰掛茶屋を開いたのが「美濃吉」の始まりと伝えられています。苔むす竹林の庭には小川が流れて、静かな山里を感じさせる小さな滝や湧き水が設けられ、それぞれ趣の異なるお座敷からの四季折々の眺めは、やすらぎの景観。 四季折々のしつらいが施された情緒溢れるお部屋で、伝承の川魚料理・伝統の京懐石をお楽しみ下さい。

1

人気特集