• 赤坂 金龍 1枚目の写真
  • 赤坂 金龍 2枚目の写真
  • 赤坂 金龍 3枚目の写真
  • 赤坂 金龍 4枚目の写真
  • 赤坂 金龍 5枚目の写真
  • 赤坂 金龍 6枚目の写真
  • 赤坂 金龍 7枚目の写真

赤坂 金龍

アカサカ キンリュウ

ディナープラン価格帯別予約数 

  • 0%50%100%
  • 〜1,999円 0%
  • 2,000円〜3,999円 0%
  • 4,000円〜4,999円 0%
  • 5,000円〜5,999円 0%
  • 6,000円〜7,999円 0%
  • 8,000円〜9,999円 14%
  • 10,000円〜11,999円 86%
  • 12,000円〜14,999円 0%
  • 15,000円〜19,999円 0%
  • 20,000円〜 0%

明治時代より発展してきた赤坂花柳界。1928年(昭和3年)に「料亭 金龍」を創業、約80年にわたり赤坂の花柳界を見つめてまいりました。そして2009年(平成21年)に現代数寄屋建築の基礎をそのままに「赤坂 金龍」として新しいスタイルへと生まれ変わりました。吉田五十八の流れをくむ、現代数寄屋建築を基礎に今まで高かった敷居を外し、国内外のお客様を問わず、気軽に、店頭芸能、日本の庭、料理、和服、お茶などをお愉しみ頂けます。ゆったりとした時間の流れのなかで、心に残る温かなひとときをお過ごし下さい。

歴史を色濃く残す木造の数寄屋建築
店舗イメージ

当店の数寄屋建築は、洗練された究極のモダン建築。日本の木造建築は、匠達が継承してきた技術と経験により作られたもので、自然に溶け込んだその居心地の良さは、他にはありません。私ども金龍では、古きが新しく、それ以前の歴史を未来の道標になるよう残し受け継がれてきた日本の伝統文化の素晴らしさに触れ、日々の生活に楽しみを個々に感じ取って頂きたく思います。

日本の四季を料理で味わう伝統の美食
料理イメージ

数奇屋建築で楽しむ伝統芸能と日本料理の真髄。料理への想いは、部屋の襖に書かれた言葉「至味」が物語る。料理人も食べる者も探求して最後に辿り着く味という意味である。この道一筋に歩んできた料理人が見せる正統派日本料理の技を心ゆくまでご堪能ください。

古き良き風情が漂い、四季折々の移ろいを愛でることのできる日本庭園
店舗イメージ

昭和28年創業の歴史ある料亭の佇まいはそのままに、「和の美を楽しむ」―和・楽・美(わ・ら・び)がコンセプトの洗練された空間。以前の敷居の高さを外し、広く門を開いたオーナーの心意気を感じられるカウンターはカクテル一杯から気軽に愉しめます。掘り炬燵の座敷席からは、季節感溢れる自然が美しい日本庭園が臨め、時季に合わせて器や調度品はほぼ毎月変えられます。また、2階にある大広間を利用して、伝統芸能のライブを行っており、芸者衆による踊りや三味線、落語や男芸者の座敷芸も鑑賞いただけます。

空席カレンダー

ディナー

ランチ

ティー

検索
このレストランでプランを探す
利用日
時間帯
人数

基本情報

赤坂 金龍
ジャンル
和食/懐石・会席料理
予算
ディナー 10,000円〜11,999円
TEL
予約専用

050-3368-2586


お問い合わせ

03-3583-2033


※一休限定プランは、オンライン予約のみ受付可能です。
※電話予約の場合は、一休ポイントは付与されません。
住所
東京都港区赤坂3-17-2 ≫アクセス情報を見る
最寄駅
東京メトロ線 赤坂見附駅
東京メトロ千代田線 赤坂駅
東京メトロ線 溜池山王駅
営業時間
【月〜金】
昼 11:30 〜 14:30(14:00)
夜 17:30 〜 23:00(22:00)

【土日祝】
昼 11:30 〜 14:30(14:00)
夜 17:30 〜 22:00(21:00)
※( )内の時間はラストオーダーの時間です。
定休日
なし
お支払い
サービス料 10%
チャージ料 なし
会計方法 テーブル
カード VISA / Master / JCB / Amex / Diners / DC / UC / UFJ / NICOS / SAISON
キャンセル料について
■キャンセル料につきまして以下の通り申し受けます。
・当日(連絡が無い場合)100%

※プラン内にキャンセルポリシーが記載されている場合は、プラン内のキャンセルポリシーが優先されます
お子様
同伴不可
小学生高学年以上
駐車場
近隣の駐車場をご利用下さい。
その他
席数 77席(個室2室・大広間1室)
喫煙可否 全面禁煙  
特徴 カード利用可 全面禁煙 個室あり 
ドレスコード なし
ペットの同伴 不可  

このレストランを利用した人はこちらも利用しています

赤坂・永田町・虎ノ門のレストラン

上へ